総量規制対象外となるキャッシングとは

2010年に改正貸金業法というものが施工され、その中に様々な規制ができました。
例えばキャッシングした際は、その都度借り入れ内容などの明細書を発行しなくてはならないとか、勧誘を拒否した場合は、再勧誘の禁止などがあります。

そんな中で最も有名なのが総量規制です。
これは年収の3分の1を超える貸し付けが禁止する法律です。
これは、過剰な貸し付けを防止するためにできた法律です。
ちなみに総量規制というのは、貸金業のみに定められているものです。
貸金業というのは、財務省もしくは、都道府県に登録をしてお金を貸している業者のことを指します。
ですから消費者金融などが、これに該当します。しかし銀行や信用金庫といった銀行系は、貸金業ではありません。銀行は、銀行法という法律のもとで動いています。

こういった訳で、銀行というのは、総量規制対象外となるのです。
総量規制対象外であれば、利用者の年収の3分の1を超えた金額の貸し付けも可能です。
ですから比較的銀行系では、高額な融資が可能となっています。しかし一見消費者金融に見えるところでも、総量規制対象外のところもあります。

こういったところは、総量規制対象外となっている銀行と共同出資していたりします。
ですから総量規制対象外となり、年収の3分の1以上の貸し付けが可能となっています。元々総量規制というのは、過剰にお金を借りて返済に困ることがないようにと、消費者の為を思ってできた法律です。
お金を借りるときは、計画的に行うことをおすすめします。